シンクロニシティ

シンクロニシティ

監督:池田一真

表題曲「シンクロニシティ」のミュージック・ビデオは、2018年3月中旬に、建築家三澤文子がデザインした木造作品で撮影された。偶然の一致を意味する『シンクロニシティ』をダンスやフォーメーション、表情などで表現し、笑顔、無言、急に歩き出すなど、様々なメンバーがふとした瞬間、全ての偶然が一致する様子を描いている。本作は「制服のマネキン」のミュージック・ビデオも手がけた池田が担当し、「制服のマネキン」と同様、ひとつの空間を使ってダンスを見せることに重きを置いている。後ろから射す光と足元の影をしっかりと映すことで、ロングショットの際に人物とその影の関係性がはっきり表れるようになっている。この影は、歌詞にある「共鳴する誰か」を象徴しているとされ、衣装である白のワンピースもシルエット](影)を作る上で重要な役目を果たしている。劇中衣装は尾内貴美香、振付はSeishiroが担当した。

Against

Against

監督:丸山健志

一期生メンバーによる楽曲「Against」のミュージック・ビデオは、卒業を控え最後のセンターを務める生駒里奈より「一期生の新しい一面が見せられるミュージック・ビデオにしたい」という意向の元で制作された。一期生メンバー全員によるミュージック・ビデオは、「シャキイズム」以来、約5年ぶりである。撮影は全カットを繋げる必要があった為、全く同じ動きをプログラムできる「モーションコントロールカメラ」を使用して撮影され、躍動感溢れる映像に仕上がっている。振付は福澤侑が担当した。

新しい世界

新しい世界

監督:横堀光範

アンダーメンバーによる楽曲「新しい世界」のミュージック・ビデオは、2018年2月下旬に、群馬県にある工藤耀日美術館と長野県にある国立野辺山天文台で撮影された。新しい世界に向けて憧れを抱く女の子たちが、自分たちのメッセージを届けようと発信する様子がテーマとされている。本作の監督は、SMBC日興証券やUNIQLOのTVCM、井上苑子のミュージック・ビデオの演出などを手掛ける映像作家の横堀光範。振付はCRE8BOYが担当した。

スカウトマン

スカウトマン

監督:中村太洸

二期生メンバーによる楽曲「スカウトマン」のミュージック・ビデオは、堀未央奈が『時間よ止まれ』と思った瞬間、実際に時間が止まってしまった様子が描かれている。振付はAcchan(松岡篤志)が担当した。

トキトキメキメキ

トキトキメキメキ

監督:伊藤衆人

三期生曲「トキトキメキメキ」のミュージック・ビデオは、2018年3月中旬に千葉県九十九里で撮影された。冒険班とパーティー班に別れ、『夏までの100日』を楽しむことがテーマとされていたが、撮影当日は大雨のため屋外で想定していた撮影が中止された。設定を室内に変更され、メンバーは夏服らしい爽やかな衣装を着用するも、大雨で急激に気温も下がり、現場ではストーブが焚かれながら撮影を行った。