サヨナラの意味

サヨナラの意味

原案・監督:柳沢翔

脚本:湯浅弘章・山岸聖太

表題曲「サヨナラの意味」のミュージック・ビデオは、2016年9月下旬に静岡県・山梨県で撮影が行われたものの、台風の直撃により撮影は途中で中止となり延期された。後日快晴の日に行われた撮影では、天候が変わったことで演出上のシチュエーションを合わせるために人工雨を降らせて撮影された。メンバーは、感情の起伏で身体に棘が出てくる「棘人(しじん)」と「棘が出ない人」に分かれて役を演じており、お互いを恐れている2つの種族が毎年開催されるお祭りで協力しようとするファンタジックなストーリーになっている。棘人役の橋本奈々未と、棘が出ない人役の西野七瀬の交流を中心に話が展開されていて、言葉少なに感情表現豊かな演技が映されている。劇中振付は菅尾なぎさ、劇中衣装は尾内貴美香が担当した。さらに脚本には、過去に「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」や「立ち直り中」などを手がけた湯浅弘章と、「別れ際、もっと好きになる」や「シークレットグラフィティー」を手がけた山岸聖太の2人が起用されたほか、デザイン面や撮影等でもグループにとってお馴染みの制作スタッフが手を組んだ。本作の監督である柳沢は、自身のTwitterで「乃木坂オールスタースタッフの総力戦で挑んだ作品」と明言している。振付はWARNERが担当した。

あの教室

あの教室

監督:山岸聖太

齋藤飛鳥と堀未央奈のユニット曲「あの教室」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県三浦市の学校と東京都内のスタジオで撮影された。作品のテーマは「齋藤飛鳥と堀未央奈の2人の学校生活」。学校に馴染めない齋藤とクラスに溶け込みすぎている堀の対照的な2人が、お互い惹かれあっていくものの近づくこともない、淡い高校時代の心象風景を描いたストーリーになっている。また、「女の子の心情はコロコロ変わる」ことを表現するために、30種類もの靴下をシーンごとに変化させている。振付はイデビアンクルーが担当した。

ブランコ

ブランコ

監督:伊藤衆人

寺田蘭世をセンターとするアンダーメンバーの楽曲「ブランコ」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県横須賀市で撮影された。アンダーメンバーが全員で、何かを探しに冒険に出ているストーリーになっている。極力カット数を減らした編集によって、普遍的な映像になっている。撮影当日、気温が30度近くまで上がっている中、オーバーオールにポンチョという暖かい衣装を着用しての撮影となった。

2度目のキスから

2度目のキスから

監督:中村太洸

真夏さんリスペクト軍団のユニット曲「2度目のキスから」のミュージック・ビデオは、「真夏さんリスペクト軍団の1日」がテーマになっており、寝起きから夜までの1日が描かれている。秋元=生クリーム担当、相楽=飴担当、鈴木=プリン担当、渡辺=氷担当というメンバー4人のキャラクター設定に基づいたシーンや、巨大扇風機を用いた演出もあり、コミカルな要素を含む作品になっている。

君に贈る花がない

君に贈る花がない

監督:東市篤憲

サンクエトワールのユニット曲「君に贈る花がない」のミュージック・ビデオは、2016年10月上旬に神奈川県のスタジオで撮影された。5つ星の意味を持つサンクエトワールというユニット名をヒントに、「とにかく光り輝く」がテーマになっている。「光の具合を変えながら歌う、踊る」ということで、全編を通じて30回ほどフルダンスで撮影されており、パフォーマンスがメインの作品になっている。また、この作品のために準備されたプロジェクトマッピングも使用されている。

ないものねだり

ないものねだり

監督:山岸聖太

橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」のミュージック・ビデオは、横浜・東京近郊を中心に、極秘で撮影された。橋本のプライベートが垣間見える映像と共に、今まで乃木坂46として活動してきた5年半の思い出が甦える作品になっている。なお、2017年2月16日に配信されたSHOWROOMの特別番組「乃木坂46・橋本奈々未MV初公開&写真集発売直前スペシャル」内にて初公開されたものであるため、今作には収録されず、翌年5月24日に発売される3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」のType-Aの映像特典として収録される。