不協和音

不協和音

監督:新宮良平

表題曲「不協和音」のミュージック・ビデオは、神奈川県横浜市中区山下町の山下公園地先の山下埠頭で撮影された。「激しいダンスとメンバーそれぞれの強い眼差しが印象的な映像」、「デビュー曲「サイレントマジョリティー」を彷彿とさせる強い意志を感じさせる楽曲」と評されている。ダンスシーンでは「不協和音」感を表すために細かな制約を払拭し、センター・平手友梨奈と対峙したり、撃たれるような振付が登場する。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した。

W-KEYAKIZAKAの詩

W-KEYAKIZAKAの詩

監督:池田一真

「W-KEYAKIZAKAの詩」のミュージック・ビデオは、2017年3月28日に欅坂46オフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。このビデオは過去「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」といった欅坂46の作品を手掛けてきた池田一真が監督を務めている。ビデオの撮影は群馬県桐生市内の渡良瀬川錦桜きんおう橋と中通り大橋間の右岸にあるさくら遊園の土手で行われ、撮影は2017年2月13日から14日の2日間に及んだ。撮影に際しては、2017年2月に制作会社が渡良瀬川もしくは桐生川土手の使用をフィルム・コミッション側に打診。その後、フィルム・コミッションより制作会社側に撮影場所として5・6ヶ所が提案され、最終的にさくら遊園の土手が選出されている。ビデオは2016年4月リリースのデビュー曲「サイレントマジョリティー」からビデオ公開時点までの欅坂46結成からの約1年間を振り返るというコンセプトで制作されている。

エキセントリック

エキセントリック

監督:池田一真

「エキセントリック」のミュージック・ビデオは、2017年7月5日に欅坂46のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。ビデオは過去「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」、「大人は信じてくれない」といった作品を手掛けた池田一真が監督を務めている。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した。ビデオのフル公開に先立って、同年5月より放送されたテレビドラマ『残酷な観客達』のエンディング映像の中でミュージック・ビデオの一部が公開されていた。ビデオは、木造校舎内でメンバーが激しい雨風に打たれ濡れながら髪を振り乱して踊るダンスシーンや、机が積み重なった空間でのパフォーマンスシーン、メンバーが一斉に髪留めのゴムを飛ばすシーン、靴を手に持ち振り回すシーンなど複数の場面で構成されている。

僕たちは付き合っている

僕たちは付き合っている

監督:森田亮

チューニング

チューニング

監督:福居英晃

割れたスマホ

割れたスマホ

監督: 橋本侑次朗